Auroraの各種エンドポイントとダウンタイムの検証 | 外道父の匠